So-net無料ブログ作成
検索選択

毎日が感謝です。 [犬のこと]

夏の終わりに書いた記事から、長い間お休みしていました。
おひさしぶりです♪

ウチのコ達、元気にしています。
L1050782.jpg

ただ、平穏そうに見えますが、この期間、ウチのコ達にもいろいろな事がありました。
 
先ず、去年の10月に9歳の誕生日を迎える直前、フェイマスに異常が現れました。
留守番中におもらししていたり、水をがぶ飲みしたり。
すぐに病院に連れて行きましたが、診断の結果は「糖尿病」

L1050690.jpg

しかもその日から入院だと言われ、一体何が起きたのが良く理解する暇も無く、数日間フェイマスと離れて過ごすことになり、その間とても不安で、何を見ても何を聞いても涙がこぼれる日々。

犬の糖尿病はそのほとんどがインシュリンを注射しなければならない「インシュリン依存型糖尿病」と言われてます。
入院中数カ所の動物病院に伺って相談しましたが、医師の言うことも様々。
A医師からは「すぐにインシュリン治療をしてしまうよりも食事療法で様子を見たい。場合によってはインシュリンは無くても良い。」
B医師は「糖尿病は他の病気が誘因してしまう事が多いので多方面からの検査が必要。早速開始したい。」
そしていつもお世話になっている先生からは「糖尿病にはインシュリン治療しか方法は無い。」

フェイマスの為にどれが一番良い方法なのか、考えて考えて、結局インシュリンの方法を選びました。
今でもこの選択が正しかったと信じています。

インシュリンを日に2度注射するようになり、4ヶ月が過ぎました。
月に2回程病院で血糖値を計り、後は毎日家で計る尿糖値を参考にしインシュリンの量を微妙に変えて注射しています。
インシュリン無しで生きることは出来ませんが、逆にインシュリンがあれば生きることが出来る。
糖尿病になったことはとても悲しいことだけれども、生きる方法があるというのは他の重い病気に比べれば幸せな事ではないか。
今ではそう考えることが出来ます。

フェイマスも糖尿病だということを時々忘れてしまうほど、前の生活を取り戻しています。
食事や血糖値の管理をし、状態が安定していれば、健康なわんちゃんと同じ様に過ごすことが出来ます。
元気でいられる事、毎日が感謝の日々です。

そしてパディ。
フェイマスと同じく10月に誕生日を迎え14歳になりました。

L1050730.jpg

昨年末に飲み水に血が混ざることを発見し病院で診ていただきました。
エコーの結果、「顎の部分に腫瘍の様なものがある。」とのこと。
年明けには頬がぷっくりと膨らんで、少し食事が不自由になりました。
医師から大学病院での放射線治療を勧められましたが、完治の見込みが無いこと、再発の可能性が高いこと、放射線治療にもその前にするCT検査も全身麻酔をしなければならないことなどを聞き、
人で言えば90歳にもなるこの子にそんな治療をすることが果たして良いことなのだろうかと考えてしまい、結果、放射線治療を断り、お薬の投与で治療をしていくことにしました。
ただこの方法はいつか大きくなるであろう腫瘍には効果が無く、その時にどうするのかをまた相談し、決めなくてはいけません。
顎の骨の手術などの提案もされていますが、今の段階では何も決められません。
病気の事が無いとしても、パディは14歳、老犬にしては元気に歩けていますが、お散歩もどんどんのんびりになりました。
今の気持ちとしてはパディの生きている犬生の最後に身体を傷つける様なことはしたくないというのが本当のところです。
毎日のんびりお散歩して、柔らかめにしたフードを食べて、おやつもくださいなと催促したり、ソファで寝ていたり、時々こちらを見つめていたり。
今の穏やかな日々、少しでも長く続きますように。それだけが望みです。

最後にチロル。
昨年、後ろ足にイボの様なものが出来て「可能性は低いが腫瘍でないとは言えない。」と医師からの言葉に泣きそうになり、一週間そのイボを見守り軟膏を塗る日々でしたが、結局消えて無くなり「本物のイボ」でした♪
いつも健康優良児のチロちゃんです。

L1050661.jpg

どうしてもパディとフェイマスを気遣う毎日。
チロルは放っておいてしまう事が多くなりがちです。
そんな時でもチロルはいつも笑顔。

こうして写真を撮っても
笑顔
L1050652.jpg

笑顔
L1050653.jpg

やっぱり笑顔
L1050659.jpg

この笑顔、とても癒されるのです。
そんなチロルにも感謝♪
フェイマスと一緒に笑顔♪
L1050662.jpg


nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

はなちゃんママ

おひさしぶりですー!
しばらく更新されていなかったので、みんなどうしているかなあ?と
気になっておりましたが、いろいろ大変だったのですね。。。
うちのはなちゃんも先日10歳の健診を受けたら初めて心臓に異常が
見つかりました。
みんなが一日でも長く、元気で穏やかに楽しく過ごせることを祈るばかりです。。。
by はなちゃんママ (2013-02-26 21:59) 

まりん

はなちゃんママさん、こんにちは〜♪
犬も歳をとるといろいろありますね。
そうですか、はなちゃんも心臓が?
そういえば、フェイマスも今度先生に心臓の検査をしていただきます。
心音が気になるんだとか。
本当に、みんないつまでも元気でいて欲しいと思います。
でもはなちゃんはそのキラキラ笑顔パワーで乗り越えられますね。
だってまだまだずっとママのそばにいなきゃだものね♪
by まりん (2013-02-28 16:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。